発言記録の株式会社宮田速記 東京都中野区

速記の仕事

仕事の流れ

受注 クライアントからの受注は、電話、FAX、メールなどで連絡を受け、日時、場所、テーマ、出席人数、納期などを確認します。
指名 現場に出られる速記者を選び、本人に確認した後、発注先に伝えます。
現場速記 指名を受けた速記者は、速記用具を調えて指定された現場に行き、開始から終了まで速記し、帰宅後、反訳に取りかかります。反訳が終わると、原稿を会社にFAXやメール、宅急便などで送ります。会社では、ベテランの校閲が資料その他を参照しながら、誤字、脱字、文脈の乱れなどを厳密にチェックした上、本人に戻して訂正してもらい、再度会社に送られた訂正原稿を再点検の後、クライアントに納品します。
テープなどの速記 カセットテープ、ビデオテープ、ICレコーダー、CD、DVD、メールなど、様々な媒体で収録した発言記録の文字化を依頼されるケースが増えてきましたが、仕事の流れは現場速記の場合に準じます。

仕事先

現場速記-指定された現場に速記士が出向いて記録をとるケース

地方議会(都道府県・区市町村等の議会)諸官庁各種会議等

1 企業・団体
  ・株主総会
  ・定例・臨時総会、理事会、評議員会
  ・決算発表会
  ・新製品説明会
2 学会・大学・研究所
  ・総会
  ・研究会、発表会
  ・講演会
  ・医学、薬学関連
3 新聞社・出版社
  ・シンポジウム
  ・座談会
  ・インタビュー
4 裁判
  ・法廷での傍聴速記
  ・裁判関係書類の作成
5 個人
  ・著述用の口述、編集、リライト
6 その他
  ・社史、会誌等の取材
録音・ビデオテープ速記   既にテープ等に記録された音声の文字化
上記1から6までのケース(4裁判を除く)
 
要約・編集   全文反訳から指定の字数に要約したり、見出しをつけて編集も行います。
 
パソコン入力   既に作成された他の文書をパソコンで入力します。

ことばの花束